景気がよくなるのは良いけれど

今後、この調子で景気が回復してゆくのでしょうか?

劇的な回復ではないにせよ、
昨年までのような、本当にもうこの先はないのでは?
と思えるような不況から脱するであろうことだけは
素人でも想像することは容易です。

民主党の3年間はあまりにも運がなさすぎました。
運も実力のうちとはよく言ったものですよね(笑)

やはり50年に渡って与党であり続けた自民党は、}
あらゆる意味で前後の日本の基盤となる部分を形成してきたのでしょう。
もちろん悪い意味以外にも言えるのであればそれらも含めて。

ある程度の景気回復と引き換えにやってくる消費税増税と、
既に上昇傾向へと動いている金利動向は、個人消費という観点からみるのであれば
やはり重要な変革として頭に入れておかなければならないでしょう。

ローン金利の変動は

長期における返済の場合など特に、個人での負担額と照らし合わせるのであれば、
やはり無関心であってはならない類のものです。
ここ数年というレベルでの予想であれば、まだなんとか現在の政権は??
などなど、いろいろと頭を巡らせることもできるかと思います。

これから先、安倍政権以降にはまた、
政権交代があるともいえませんし、ないともいえません。
そんなことを言い出してしまえばすべてのことに当てはまりますが、
気にしすぎても始まりません。

やはり欲しいと思ったときが買い時です(笑)