借り換えという選択

おまとめローンとか、借り換えローンなんていう言葉が良く聞かれます。

おまとめの場合は、複数あるローンを
より低金利なひとつのローンにまとめることで、
総支払額を減らしたり、支払いの手間を減らしたり
できるローンとして注目を浴びています。

借り換えの場合は、それまでに支払っていたローンよりも、
総支払額を減らしたり、月々の負担を軽減することを目的として、
それまでよりも目的に適ったローンへと借り換えするローンです。

こういったローン商品については、もともと金利動向云々というよりは、
まとめたり、借り換えたりすることで、負担を軽減することができるというのが
最大のメリット
といえます。

では、金利動向にも影響されやすい住宅ローンの借り換えを検討する場合、
これから借り換えを考えている借り換えローンも、金利動向の影響をうけるものなのでしょうか?

借り換えも金利動向に左右されます。

住宅ローンの借り換えローンの場合、
その多くが銀行からの融資やフラット35への借り換えとなる場合がほとんどですので、
やはり金利動向の影響を受けるローンの一種であるといえます。
そのどちらの場合も、借り換え専用の金利が設定される場合が多く、
フラット35では固定金利、銀行の融資である場合は変動金利、固定金利の両方があります。

新規の住宅ローン金利と同様に、
借り換え専用の住宅ローンに関してもやはり、
ここ2ヶ月ほど金利は上昇傾向にあります。

借り換えの場合は、これまで利用していたローンとの比較検討のほか、
金利以外の側面での諸費用や手数料なども考慮する必要がでてきますから、
金利面のみで判断するのは、新規以上に難しい作業になってくるといえますね。